PhRMA

facebook

【トランスレーショナルリサーチ・コロキアム】第6回目実施レポート

【トランスレーショナルリサーチ・コロキアム】第6回目実施レポート

【第6回トランスレーショナルリサーチ・コロキアム】
「アルツハイマー病の長早期診断と介入治療戦略-2」

日時:2018年12月1日
場所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター



PhRMAは去る2018年12月1日、“アルツハイマー病の超早期診断と介入治療戦略-2”をテーマに、第6回目となる「トランスレーショナルリサーチ・コロキアム」を開催しました。

トランスレーショナルリサーチ・コロキアムはアカデミア、規制当局、製薬企業などで研究開発に携わっている研究者の方、テーマに携わる様々な方にご参加頂き、異なる立場からの議論をもとに、直面する課題に対するソリューションを探る機会を設けるもので、2015年に第1回が開催されました。

PhRMAは2013年より産官学の連携で国内アカデミア創薬を促進・サポートする活動として、「ヤング・サイエンティスト・シンポジウム」の開催や、国内の若手研究者を米国に短期間派遣し、米国における保健医療政策、医薬品研究、規制慣行、トランスレーショナルリサーチの最新情報を学ぶ「マンスフィールド-PhRMA 研究者プログラム」の実施など、トランスレーショナルリサーチの活性化、啓蒙を命題とした活動を行っており、本コロキアムもその一環として開催するものです。

今回のトランスレーショナルリサーチ・コロキアムは、昨年10月に開催した第4回の続編として、昨年は議論できなかった、または課題とされた点に加えて最近の治験状況も踏まえ、産官学の研究者及び関係の先生方と議論が行われました。当日は参加者全員の自己紹介の後、アカデミア・規制当局・製薬会社所属の5名より最新の研究状況や、現行の課題・展望などが紹介されました。フリーディスカッションでは、昨年も議題に挙がったバイオマーカーなどの最先端かつ簡便で安価な診断法確立のための方法や、超早期の患者さんへの治験の組み入れ、認知機能テストの工夫などについて、アカデミア・企業はもちろん患者さんとの連携の重要性などが議論され、非常に有意義な意見交換の場となりました。

本コロキアムの参加者については下記をご覧ください。(敬称略)

<アカデミア> <製薬企業>
昭和大学脳神経内科 小野 賢二郎 エーザイ株式会社 小川 智雄
東京大学大学院医学系研究科 岩坪 威 エーザイ株式会社 八木 拓也
放射線医学総合研究所 樋口 真人 バイオジェン・ジャパン株式会社 鳥居 慎一
東京大学医学部付属病院 神経内科 岩田 淳 日本イーライリリー株式会社 中村 智実
東京大学大学院薬学系研究科 富田 泰輔 PhRMA Translational Research Subcommittee代表
(日本イーライリリー株式会社)
大脇 健二
新潟大学脳研究所 池内 健 PhRMA Translational Research Subcommittee副代表
(ファイザーR&D合同会社)  
上杉 幸嗣
昭和大学脳神経内科 稗田 宗太郎 PhRMA Translational Research Subcommittee 
(バイオジェン・ジャパン株式会社)
近藤 修二
<医薬品医療機器総合機構(PMDA)>  
新薬審査第二部 中村 龍太  
新薬審査第二部 鈴木 貴彰  
<日本医療研究開発機構(AMED)>  
戦略推進部 脳と心の研究課 滝川 修