PhRMA

facebook

PhRMA の活動

PhRMA の活動

PhRMAの委員会

PhRMAは日本のヘルスケア分野に積極的に貢献していくため、加盟企業の専門家からなる委員会を在日執行委員会の下に設置しています。各委員会は個別の課題に具体的に取り組むために、テーマごとに組織され、関係する行政機関や団体と協力し、活動に取り組んでいます。

在日執行委員会 Japan Based Executive Committee (JBEC)

米国の研究開発志向型製薬企業の日本法人の役員で構成され、PhRMA日本代表と緊密に連携し、イノベーションの促進、並びに日本の医療制度に貢献する政策立案を推進しています。

技術委員会Science and Regulatory Committee

医薬品の研究、臨床開発及び安全性に関する規制と新薬の承認審査過程につき、患者の皆さんに画期的な医薬品を速やかに届けることを最優先に、どのような改善がなされるべきかを議論しています。厚生労働省やPMDAと緊密な情報交換を行い、医薬品業界としての政策提言を行っています。また、関係行政機関や団体と協働してイノベーションを促進するため規制の整備・改善に取り組んでいます。

薬価委員会Economic Affairs Committee

日本の薬価制度について議論を深めるとともに、2年ごとの薬価改定案とその後の薬価制度の影響について継続的に分析・検討し、政府の審議会などの場で提言を行っています。

ワクチン委員会Vaccine Committee

日本におけるワクチン・ギャップをなくし、その予防効果や安全性が認められ、世界で幅広く使用されているワクチンを日本の皆さんにお届けすることを目指し、世界のベスト・プラクティスを伝え、提言を行っています。

広報委員会Communications Committee

PhRMAの対外的な広報活動の事業計画を策定し、患者団体、政府関係者、メディアなどの医療政策やヘルスケア産業における関係者とPhRMA との間の対話の窓口となり、関係者の考えを理解するとともに、ヘルスケア分野におけるイノベーションの促進政策に関するPhRMAの見解をこれら関係者に明確に説明し、相互理解の深化に務めています。

法務・コンプライアンス委員会Legal & Compliance Committee

製薬業界をとりまく環境の変化を注視し、米国企業のコンプライアンス基準や知見を活用しながら、日本における製薬企業の様々な活動が正しい目的をもってより適正に行われるためにはどのようにすべきか、その改善点を議論しガイドライン等を提言しています。