PhRMA

facebook

PhRMA記者会見 Press Conference at FCCJ

PhRMA記者会見 Press Conference at FCCJ

PhRMA記者会見 Press Conference at FCCJ

日時:2018年7月10日(火)
場所:東京都内

PhRMAは7月10日(火)、日本外国特派員協会(FCCJ)にて記者会見を実施しました。

PhRMA在日執行委員会委員長のパトリック・ジョンソン(日本イーライリリー代表取締役社長)とPhRMA 日本代表 エイミー・ジャクソンは、日本に派遣されている外国報道機関の特派員及びジャーナリストの皆さんに対して、超高齢化社会により医療需要が増し、医療費支出の増加等への対応が喫緊の課題である日本において、PhRMAが2018年5月に発表した患者さん中心の考え方に基づいたビジョン(研究開発型産業によるビジョンレポート)を実現することによって、日本の患者さんと経済にどのような貢献ができるかを説明しました。

また、ゲストスピーカーとして、日本総合研究所調査部 西沢和彦主席研究員が登壇しPhRMAのビジョンに対する意見を述べました。


On July 10, 2018 the Pharmaceutical Research and Manufacturers of America (PhRMA) held a press conference at the Foreign Correspondents’ Club of Japan (FCCJ).

Japan faces serious challenges to its health care system which are magnified by an aging population and increasing medical care expenditures. Against this backdrop, Patrik Jonsson, Chairman of PhRMA’s Japan Based Executive Committee (President and Representative Director, Eli Lilly Japan) and Amy Jackson, PhRMA Japan Representative, shared with members of the foreign press PhRMA’s vision for Japan – one that puts patients first. Released in May 2018, the vision report puts forth concrete policy proposals on how the innovative biopharmaceutical industry can help make Japan the “best place to live and age” by ensuring that new and innovative medicines continue to be developed and delivered to Japanese patients in a timely manner and by promoting pro-innovation and pro-growth policies for the benefit of Japanese patients and the economy.

In addition, Kazuhiko Nishizawa, Chief Senior Economist at the Japan Research Institute, joined the press conference as a guest speaker and provided his views on PhRMA’s vision.


記者会見の様子

PhRMA日本代表
エイミー・ジャクソン(Amy Jackson)

在日執行委員会
パトリック・ジョンソン委員長(Patrik Jonsson)

日本総合研究所調査部
西沢和彦主席研究員(Kazuhiko Nishizawa)

【Youtube(日本外国特派員協会 会見映像 オフィシャルサイトFCCJchannel)】
https://www.youtube.com/watch?v=u2JmrIz44ps
【当日配布資料】